はじめに…

この、画像を見て下さい。 数学ノートの一部これ、私のノートです。少しは綺麗でしょう…?(スキャナーに掛けたので見づらいですが…)こんな感じにまとめる方法を紹介します(赤文字数字は気にしないでください)

 その1 ラインを引こう。

まず、ラインを引きます。そこで使うのが、「PROPUS-WINDOW」(以下プロパス)です。(上記以外のマーカーでも可)

各教科で色を決めましょう。(地理・歴史・公民は共通で)

[プロパスの場合]国語→「サクラ」数学→「アクア」英語→「ラベンダー」理科→「ライム」社会→「ヤマブキ」…をおすすめします
あらかじめ決めたマーカーで、右から7マス分の場所に線を引きます。そのスペースは、計算スペースや先生の解説等を書きましょう。

注意

  • 教科によっては、書き方を決めている先生もいます。指定があった時にはそのやり方でやりましょう。

 その2 学習問題をカウントしよう。

何故カウントするかというと、「定期テスト等で活用出来る」からです。テストでは広すぎる範囲が出て、「どこだっけ」になる場合があります。それを対策する為に、カウントをします。教科書とノートで基本事項をチェックしてワークで確認すれば、完璧!!

ヒント

  • カウントで基本は通常、応用・発展は蛍光色で書くとより良くなる!!
私の数学の正負の数のカウントは、15回でした。カウントし続けると「結構ページ使ったな~」と思い、復習に早く手が回ります。

 最後に…

このテクニックで、より良い授業にしよう!!