本来下痢や嘔吐というのは、体内にいらなくなったもの、害を及ぼすものを外に排出する正常な反応です。なので、無理に薬で止めてしまうと、毒素が体内に残りますし、毒素を出し切ると吐き気もおさまりますし、下痢も自然に止まります。ただ、脱水症状になりますので適度な水分補給を心掛けましょう。以前O‐157が流行した時に、下痢で苦しむわが子をかわいそうに思った母親が薬で下痢を止めた子供が死亡し、下痢を出し切った子供は無事だったと聞いています。子供の状況を注意深く見ながら対処することが大切です。

 人間のデトックス(解毒)機能には、ウンチ、おしっこ、汗、髪の毛、爪、呼吸など色々ありますが、なかでもウンチというのは人間最大のデトックス機能なんです。(全デトックス機能の約7割)
薬を飲まないといけないくらい下痢ウンチの回数が多いということは、それだけ赤ちゃんの体にいらないものがあるということです。でも、薬で無理に減らすということは毒素がそれだけ体に残ります。止めずに出せるだけ出させてあげましょう。出す力があるということはそれだけ生命力があるということです。
母乳をあげている場合、お母さんの母乳の質で赤ちゃんの健康状態が決まります。お母さんが食べる食べ物が良いか悪いかで、母乳の質が左右されます。母乳はお母さんの血で出来ています。お母さんの白い血液なのです。だから地元でとれた旬の食材を自分で料理して食べるように心掛け、ファストフード(●クドナルド・吉●屋・ケンタッ●ー)やコンビニ食品(弁当、おにぎり、サンドイッチなど)、添加物のいっぱい入った加工食品、冷凍食品、インスタント食品はできるだけ避けましょう。
野菜なら何でもいいというわけではありません。現在では年中いろんな野菜をみることができますが、やはり本来野菜が出来る時期が一番体にいいビタミンやミネラルを含んでいます。出来れば、虫が食っているような無農薬のものが望ましいです。
粉ミルクをあげている場合は出来れば母乳に切り替えましょう。粉ミルクで育てた娘は母乳が出にくくなり、さらにその娘が粉ミルクで育てた娘は母乳が出なくなるというデータも出ています。
あくまで無理をしない範囲で母乳にシフトしましょう。(出なくて困っているということであれば仕方がありませんが・・・。)
あと、冒頭に人間最大のデトックスはウンチだと言いましたが、女性に関してはもっと強力なデトックス機能があります。

それは、出産です。

出産後の女性の肌がきれいになったりするのは、お母さんの毒素を生命力の強い子供が引き受けてくれるからです。
だから出産前のお母さんがいい加減な食生活を送っていると生まれてくる赤ちゃんの負担はそれだけ大きくなるということです。
もし、自分に乱れた食生活を送ってきたという自覚があるなら、今からでもおそくはありません。食材を正しく選んでおいしく食べる知識を身につけて、母力(ははりょく)をアップさせてください。
そうすることで、健康な暮らしを送ることができるようになると思います。